お菓子の工房ダイモン

詩情あふれる潮騒の街『銚子。』この街でひとつひとつ心を込めてお菓子づくりをしています。

■親子3人(大門氏+奥様+娘さん)ともにパティシエ!

 創業55年、オーナーの大門氏が二代目、娘さんは三代目、そして奥様も含め親子3人ともにパティシエという、お菓子屋さんの鏡のようなご家族です。このファミリーパワーを象徴するかのように、店頭に並ぶラインアップは驚くほど多彩!一番人気のエクレア・シュークリーム・プリンのほか焼菓子だけでも20種類、和菓子も「栗かのこ」「栗ドラ」「大福」や「すあま」など季節商品含め15種類もあり、それに加え木の葉パンやデコレーションケーキなど、選びきれないほどのスイーツがあふれています!

商品:

銚子サブレ、しょうゆフリアン、ジオランタン、屏風ヶ浦レールケン、ほか、店頭にてエクレア・プリン・焼き菓子など多数


■お醤油の芳香がたまらない『ジオパーク菓子』。

 2012年、犬吠埼や屏風ケ浦など銚子市特有の地形や地質が「銚子ジオパーク」として千葉県で初めて認定されたことを受けて、『ジオパーク菓子』としてダイモンは「君ヶ浜フリアン」「銚子サブレ」「犬吠埼ダックワーズ」「屏風ヶ浦レールケン」などの焼菓子を開発しました。美しいジオサイトをモチーフに意匠デザインされた焼菓子の隠し味にお醤油を使っています。「醬油とバターの相性は抜群です」と大門オーナーが語るように、お醤油のキャラメリゼされた芳香があなたを夢の世界へ誘います!